フローの住宅・ストックの住宅 ― 日本・アメリカ・オランダ住宅比較論
著者名 戸谷英世
判型・頁数 四六 ・ 184頁 ジャンル 建築一般
価格 定価2160円 (本体2000円+税8%) 発行日 2015年8月10日
ISBN 978-4-7530-2290-8 在庫状況 有り






関連書籍

住宅で資産を築く国,失う国 − 新住宅5ヶ年計画への提言


日本の住宅はなぜ貧しいのか − 資産となる住宅建設とスーパートラストマンションの試み


定期借地権とサスティナブル・コミュニティ − ポスト公庫時代の住宅システム


おもな内容
住宅を取得することで資産を増やす欧米と, 逆に失う日本。
本書は, 著者の半世紀にわたる官民住宅産業での取組みや研究活動で得た経験からその違いを明らかにしたものである。
歴史認識を踏まえ, 住宅に対する考え方, 不動産取引の仕組み, 住宅政策の違いなどを比較することから, スクラップ・アンド・ビルドによるものづくりを目的とした日本のフローの住宅政策の間違いとその根拠を解明し, 欧米のストックの住宅実現への方途を提言する。

推薦 ]   一般社団法人日米不動産協力機構



おもな目次
推薦のことば
はじめに

序 − 日本・アメリカ・オランダの住宅比較の視点
(1) 中世からの歴史文化のストックの上に造られたオランダの住宅
(2) 西欧に匹敵するストックを造りあげたアメリカの住宅
(3) 「和魂洋才」の下で造られた日本の住宅
(4) 戦後半世紀の住宅政策を総括する

第 1 章  オランダの住宅 − 中世以来のストックの上に築かれた住文化
1 − オランダの住宅と住宅地開発
2 − オランダの現代住宅
3 − 大学街ライデンの生活と街並み
4 − オランダの都市文化

第 2 章  アメリカの住宅 − 西欧の住宅・都市ストックを発展させた住文化
1 − 「経済合理主義の国」アメリカ
2 − アメリカの新築・既存住宅市場
3 − セキュリティとの闘いの歴史
4 − スラムクリアランスからニュー・アーバニズムによる再生

第 3 章  日本の住宅 − スクラップ・アンド・ビルドからの脱却
1 − 明治維新から第二次世界大戦までの日本
2 − 連合軍の占領政策と朝鮮戦争勃発による転換
3 − 公営住宅制度と減価償却理論
4 − 住宅産業政策時代の考え方
5 − バブル経済崩壊後の住宅・建築・都市
6 − 日本におけるストックの住宅 - 萩浦ガーデンサバーブ







トップページへ戻る
注文する